最近の投稿

自炊して糖質コントロールするのがポイント

最近流行の炭水化物抜きダイエット。毎食主食を食べるのが当たり前な方が突然主食抜きの生活に切り替えるのは苦痛かもしれません。しかし、主食にはたくさんの糖質が含まれていて、血糖値が上がってしまいます。血糖値が上がることは体重増加にもつながってしまいますが、糖質が少ない食品は血糖値が上がらないため太りません。まずは糖質が少ない食品を知って上手に食材とつきあいましょう。自炊をする場合、一番困るのが昼食です。仕事をしている場合はお弁当を持参することになりますが、主食がないお弁当はなんとなく見栄えが悪いです。お弁当を華やかにさせるポイントは大豆製品を上手に使うことです。主食の変わりにおすすめしたいのが「大豆ごはん」です。作り方は木綿豆腐を軽く湯がき、冷ましてから小さくちぎります。ちぎった木綿豆腐におからを混ぜると見た目がごはんに似た状態となります。この大豆ごはんを主食の代用品にすると便利です。大豆ごはんはそのまま使用しても良いですが、チャーハンに見立てて炒めるとボリュームがでて腹持ちも更に良くなります。大豆製品はたんぱく質が多く含まれて糖質制限をしている時に大活躍する食材です。厚揚げや油揚げなども積極的に使用しましょう。

Comments are closed.