最近の投稿

強い臭いの食べ物が原因で口臭が発生するケース

自分ひとりでは気にならないことでも他人と接するときに気になってくるのが口臭です。

口臭には歯肉炎などの口腔内の病気や胃腸からくるものなど理由が様々ありますが、強い臭いの食べ物によっても口臭を発生することがあります。

強い臭いの食材に代表されるのはニンニク、ネギ、ニラなどの独特の香りを持つ食材です。

これらの食べ物にはアリシンという成分が含まれており、それが体内で分解されるとアリルメルカプタンという臭いの原因となる物質へと変化するためにこれらの食べ物を食べると血液をめぐって全身に周り肺から口へと移動し口臭の原因となるのです。

食べ物の臭いによる口臭が気になるのであれば食べるのを控えるのは望ましいですが、必ず料理に使用される食材でもあるのでそうはいかないときもあります。

強い臭いの食べ物を食べても口臭を予防する方法は、食後にすぐ歯磨きをするかあるいは殺菌成分のカテキンが多く含まれている緑茶をのむことをおすすめです。

また、唾液をたくさん出すことで浄化作用となり雑菌の繁殖を防ぎ口臭予防に効果的ですし、人に会う前にマウスウオッシュやうがいなどで口の中をきれいにしておくようにして日頃から口臭対策を行うようにしましょう。

Comments are closed.