最近の投稿

炭水化物を抜くと痩せる理由

炭水化物を抜くと痩せる、という話を聞いて実践した人も多いでしょう。
実際にダイエット方法としては今でも人気が高いですし、実際にこの方法で体重を落としたという成功者もいます。
いわゆる「炭水化物抜きダイエット」で望める効果は、糖質の抑制です。
炭水化物は、摂取すると体内で分解され、デンプン質が糖質に変わります。
お米をよく噛むと甘く感じることがありますが、その延長とイメージするとよいでしょう。
これはお米だけではなく、芋類も同様です。
たとえば、ダイエット中に食べてはいけないといわれているのがジャガイモで、これもデンプン質が多く含まれていることにより、糖質に変えられた時に大量に生産されることになるのです。
糖分は控えている、でも太ってしまうという人や、普段から甘い物は食べていないのになぜか太るという人は、炭水化物による糖質が多いかもしれません。
これを抜くことにより、糖質制限をして痩せるというのがダイエット方法として認識されています。
しかし、実際には完全に抜くとすぐに体が悲鳴をあげてしまいます。
また、すぐにエネルギーに変わるため、炭水化物抜きダイエットは体力が落ちやすいといわれています。
完全に抜いてしまうのではなく、摂取量を調節しつつおこなう方が、よりよい効果が出るようです。

Comments are closed.