最近の投稿

タンパク質が筋肉を作る

タンパク質は20種類のアミノ酸によって構成され、筋肉の源として重要な栄養になります。体内で生成できない必須アミノ酸は食事から摂取する必要があり、動物性であれば肉や魚介類から吸収します。植物性タンパク質は大豆食品に特に多く、菜食主義者にとっては特に重要です。

動物性や植物性の区別がありますが、どちらともにバランスよく摂取すれば、筋肉の衰えは防げます。肉ばかりを食べれば脂肪の摂取量も増えますが、大豆食品と一緒に摂るようにすれば、太り過ぎも防げるようになります。不足分を確実に補うようにすれば、基礎代謝の衰えを防いで、太りにくい体質を維持しやすくなります。

良質なタンパク質が含まれる食品は、アミノ酸スコアが優秀であると表現されます。アミノ酸スコアが極めて優秀な食品としては、鶏卵や鰹節が有名です。牛肉や豚肉にも良質な動物性タンパク質が含まれていますが、近代化以前の日本では、鰹節や大豆食品が特に重要なタンパク源でした。

現代では肉を食べる習慣が一般化したために、タンパク質が極端に不足する可能性は低くなりました。脂肪分は抑えながら、筋肉の源だけはしっかりと摂取することが今後の課題になります。不足分を補うために、最近ではアミノ酸のサプリメントを利用する機会も増えました。

Comments are closed.