最近の投稿

使用機器や道具が消毒されているか確認しよう

まつげのエクステとは、自分のまつげに付ける人工のまつげのことをいいます。自分のまつげにボリューム感を出て目が大きく見せることが出来るので若い女の間では人気があります。まつげの根元から1~2mmの場所から専用の接着剤を使って人工のまつげを付けていきます。この施術は都道府県等の自治体で許可を受けた美容所で行う事として法律で定められています。しかし、近年ではまつげエクステ施術を受けたことによる目の痛みや痒み等を訴える被害が増えています。その被害とは接着剤によるアレルギーや施術の技術不足などもありますが、衛生管理がきちんと行われていないお店での被害が増加傾向にあります。エクステで使われる機器は消毒を行うことが法令で定められています。その方法として煮沸や蒸気、エタノール、紫外線消毒器による方法などがあります。それぞれ消毒時間や消毒液の濃度などが細かく定められています。まつげエクステは目の近くで行われる施術ですから治療費用だけでなく、消毒施術をするお店を選ぶ時には衛生管理が行き届いているかを確認する必要があります。機器だけでなく、施術者がエタノール等で手や指を拭いて清潔にしているかもチェックしてしてみて下さい。評判や口コミを調べてみたり、直接お店に足を運んで不衛生な状態で施術が行われていないか確認した上で、まつげエクステを受けるようにしましょう。

Comments are closed.