最近の投稿

洗顔後の正しい保湿方法

ニキビの予防や乾燥肌の改善をする際に洗顔をすると思いますが、洗顔をしただけではこれらの症状は改善されません。洗顔後に保湿を行うことによって、肌に水分を与えることができ、健康な肌に戻すことができます。用意をするものは化粧水と乳液、美容液です。まずは、化粧水をたっぷりと肌に浸透させていきます。一度手のひらの上でなじませてから顔につけることによって、手の体温で温められるためより肌に浸透しやすくなります。コットンなどを使うと肌を傷つける可能性があるので、必ず手で行うようにしてください。一度に大量の化粧水を使うというよりも、少量を数回に分けて塗っていく方がよいです。化粧水をしっかりとつけたら、次は乳液を使って水分を閉じ込めていきます。乳液を使わないと、毛穴からずいぶんが蒸発していき、保湿ができなくなってしまうので必ず使ってください。乳液は少量を顔全体に薄く塗る程度で大丈夫です。あまりつけすぎると肌が脂っぽくなってしまうので気をつけて下さい。最後に美容液を顔全体につけて完成です。美容液も少量を顔全体につけてください。肌の温度が高いとより浸透しやすくなるので、洗顔後3分以内に保湿を行うことが重要です。

Comments are closed.