最近の投稿

清潔なタオルを使うのがポイント

蒸しタオルを使った美容方法が言われますが、その時に使うタオルに気をつけていますか?特に夏、むしむしと暑い季節には要注意なんです。
ちゃんと洗ったはずなのに、なんとなくにおいがする・・・と言う経験、ありませんか?使った後、しっかり洗って干したのにどうしてでしょうか。実は使った後、ぬれたまま洗濯かごに放り込んで、翌朝洗濯する、と言うサイクルの中で、菌が増殖して起こる現象なのです。また、保管場所に湿気がこもる場合にも発生します。もし、そんな状態で蒸しタオルをしたら。想像するだけでゾッとしてしまいます。
まず、洗濯物を清潔に保つ工夫をしましょう。
使い終わった布物は、かごの中でまとまってしまわないように乾かしましょう。洗う前に干しておくのが一番ですが、そんなスペースがない、と言う場合はバケツなどに洗剤液を作り、漬け置きするのも手です。翌朝の洗濯で、洗剤液ごと他の洗濯物に混ぜて洗ってしまいましょう。
干した後に、風通しの良い場所に保管するのも大切です。せっかく菌の繁殖を防いで洗っても、ここで菌を増やしては元も子もありません。
蒸しタオル、ちょっとにおうかも・・・と感じたら、生活習慣に上記の工夫を取り入れてみて下さい。

Comments are closed.