最近の投稿

生活習慣が原因で口臭が発生するケース

歯磨きをしっかり行っているのに、口臭が消えないという方は多いでしょう。
原因不明の口臭の多くは、生活習慣が原因で発生していることがほとんどです。
よくある例としては、慢性的なストレス、暴飲暴食、胃腸の不具合、喫煙、お酒の飲み過ぎ、口呼吸などです。
また、空腹状態になると口臭が強くなりやすいので、欠食はしないように心がけましょう。

体内から口臭が発生している場合は、歯磨きによるケアを行っても消えません。
喉から手の平に向けて息を吐き出して、その臭いを嗅いでみるといいです。
歯を丁寧に磨いても、息をしている以上は臭いは発生するのです。

生活習慣が原因の口臭は、生活習慣を改善する以外に対策はありません。
ブレスケアサプリなどを飲めば、一時的に臭いを抑えることはできますが、根本から改善させることはできません。
口臭が強いと感じる方は、体臭全体も強くなっていると考えたほうがいいでしょう。
不規則な生活が続いていると、頭皮やワキ下も通常よりも臭くなるのです。
口臭については自覚症状のない方も多いですが、頭皮やワキ下が以前よりも臭くなっていると感じたら、同様に口臭も強くなっていると考えるべきです。
ブレスケア用品を使用しながら生活を見直していきましょう。

Comments are closed.