最近の投稿

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする作用や、動脈硬化を予防する作用があると言われており、生活習慣病対策にお勧めの必須脂肪酸です。
必須脂肪酸とは体内で作る事のできない油の事で、食事で補う必要があります。
今話題となっている亜麻仁油に、イワシやアジといった青魚に多く含まれる油です。

生活習慣病対策として注目されたオメガ3脂肪酸ですが、実は健康効果だけでなく、美容効果にも優れた効果を発揮します。
この油には肌のターンオーバーを、整える効果があると言われており、美肌作りにお勧めです。
ターンオーバーとは古い細胞が、新しい細胞へと生まれ変わるサイクルの事で、通常は28日の周期でどんどん新しい肌細胞が作られています。
しかし、加齢やストレス、バランスの悪い食事などで、ターンオーバーの周期が乱れると、古い細胞、角質の排出が滞ってしまうのです。
すると、ニキビやシミ、くすみやシワなど、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

オメガ3脂肪酸はターンオーバーを促進してくれるので、肌トラブルの改善や予防に有効です。
この他にもアンチエイジング効果や、抗炎症作用、ダイエットの効果まで期待できるので、女性に特にオメガ3脂肪酸を意識して摂取してみましょう。

Comments are closed.