最近の投稿

ニキビができてしまう原因とは?

ニキビの主な原因はアクネ菌の繁殖です。アクネ菌はすべての人間の皮膚に存在しているので、正常な数であれば全然問題はありません。しかし、不規則な生活やストレスなどが原因となって増殖をしてしまうと、ニキビを作り出してしまいます。アクネ菌の特徴は皮脂を好んで酸素を嫌うという点です。皮脂が多くなるとそれにともなって繁殖していきます。そして、酸素を嫌うため、毛穴の奥の方へ入り込んでいってしまいます。さらに、皮脂を洗い流さずに放っておくと、皮脂が毛穴に詰まってしまい、より酸素が当たらないようになってしまい活動が活発になり、繁殖していきます。アクネ菌は皮脂を吸収して分解し、脂肪酸を作り出す働きをします。この脂肪酸が肌を傷つけて、ニキビを生み出す原因になります。また、皮脂を分解した際に同時にポルフィリンという物質を生み出しますが、このポルフィリンは紫外線に触れると活性酸素を作る出す働きがあります。活性酸素が作られるとニキビができた部分にさらなる炎症を引き起こしたり、皮膚の細胞を壊していき、ニキビを生み出すだけでなく、治りにくくしてしまいます。そのため、皮脂をしっかりと洗い流してできるだけ清潔に保つことがニキビ予防において重要なことになります。

Comments are closed.