最近の投稿

ニキビケアに適した洗顔料の特徴

ニキビケアに適した洗顔料の特徴としては、すっきりと汚れを落とせることや肌に刺激を必要以上に与えないなどのことがあげられます。
ニキビケアをしたいのであれば、合成界面活性剤が入っていないもののほうが安心です。合成界面活性剤が入っている洗顔料は肌に必要なものまで奪ってしまうからです。ニキビを治していくためには、固くなってしまった古い角質や毛穴に詰まった汚れも落としてくれる、肌に余計なものが残らないスッキリと洗えるものが望ましいです。だからといって必要なものまで奪われは困ります。そのため、合成界面活性剤が含まれていない石鹸がニキビケアに向いています。添加物の少ない石鹸は、スッキリと洗うことができて肌に余計なものが残りません。洗顔は泡で洗うことが大切ですが、泡をしっかり作るのは大変です。その点では泡で出てくる洗顔料も便利なのですが、界面活性剤や発泡剤など、添加物が多いため、肌へ刺激となる可能性も高いです。
石鹸の場合には、合成界面活性剤が含まれていません。また、防腐剤や香料、着色料、アルコールなども含まれていないものを見つけることができます。ニキビケアに使うのであれば、化学的な成分が完全に無添加の石鹸を選んだほうが安心です。

Comments are closed.