最近の投稿

ムダ毛のカミソリ自己処理の失敗談

ムダ毛をカミソリで処理した場合の失敗談として、処理後に皮膚が剥けたり赤みが現れたりしたという話をよく聞きます。これはムダ毛を剃る時に皮膚に傷をつけてしまっているためであり、目には見えなくても細かな傷がたくさんついています。角質をたくさん削り取ることで皮膚の防御反応は弱くなり、水分を保持しておく力も弱まります。その結果、肌は乾燥して皮膚剥けを起こしますし、バリア機能の低下から雑菌などに対する抵抗力も無くなって炎症を起こしたりします。剃るとどうしてもこれらのリスクを無くすことができないのですが、注意をすればリスクを減らすことは可能です。
まずは剃る前には清潔な状態にしておき、刃を当てる時にはあまり力を入れ過ぎないようにします。摩擦を少しでも減らすためにシェービングクリームを使用し、処理後には保湿ケアを行って肌の回復をできるだけ早めるようにします。保湿ケアを行うと肌に水分を溜めておく力が強くなり、水分と油分のバランスが良くなります。バランスの良い状態では肌細胞が元気に働くようになりますので、処理後のちょっとしたトラブルもすぐに改善されます。ターンオーバーが活性化されることにより、瑞々しい素肌を取り戻すことにもつながります。

Comments are closed.