最近の投稿

口呼吸より鼻呼吸を身につけましょう

気を付けていてもついしてしまうのが、口呼吸です。特に自分では気が付かない就寝中は、口を開けて呼吸をしてしまっていることが多いものです。口呼吸を続けると、口の中が乾くので口臭発生の原因にもなりかねません。もし自分が口で呼吸をしがちだとわかっているならば、努力して鼻呼吸に切り替えて行きましょう。鼻で呼吸するメリットの第一は、ウィルスなどが体内に入ってくるのを防いでくれるということです。鼻の中に生えている毛が菌の侵入を防いでくれます。口呼吸ですと防御がないので、ウィルスがストレートに体内に入ってしまい、風邪やインフルエンザなどを発症しやすくなります。また、口呼吸をするということは、しょっちゅう口が開いているということです。口周りの筋肉がゆるみ、だらしない老け顔の原因になってしまうので、美容に気をつけている女性は要注意です。自分で気を付けていることが出来る日中は良いですが、問題は就寝中です。鼻呼吸を保つには、口が開かないように貼付けるテープを使うと良いでしょう。かぶれの原因になるので、セロハンテープなどは絶対に使わず、鼻呼吸をするための専用のテープを購入して使ってください。また、鼻の通りを良くするために貼る、鼻の穴を広げるバネ形式のテープも同時に活用すると効果的でしょう。

Comments are closed.