最近の投稿

酵素って一体何?

人間の体内における化学反応において酵素は無くてはならない物質です。たとえば、人が何らかの食物を口から摂取すると、それらが消化されていく過程で酵素が必要となります。この物質があるおかげで食物はきちんと分解されて、そこから栄養分をきちんと摂取することができて、なおかつ不要なものは排出することができるのです。

また、こうやって吸収した栄養分を血流に乗せて身体の隅々にいたるまできちんと運搬して栄養を行き渡らせるのも酵素の役割です。このように栄養を届けて、なおかつ老廃物をきちんと排出するのを促すことによって身体の新陳代謝機能を高めて、たとえば体内に風邪などのウィルスが入り込んだ際にもすぐに撃退することができるのです。また、年齢と共にこの成分は減少していくので、ウィルスに対する免疫が乏しくなるのはそのためです。

さて、これら酵素はタンパク質によってその組織を構成されていますが、このタンパク質自体もまた、20種類を超えるアミノ酸が集まることによって結合して誕生したものです。この食物自体も体内にきちんと酵素を備えていることによってタンパク質をアミノ酸へと分解されることで吸収される仕組みとなっており、もしもこれらが不足するようであれば分解力に陰りが見えてしまいます。このように人間の身体にとって不可欠の機能を有していると言えるのです。

Comments are closed.