最近の投稿

酵素と酵母は何が違うの?

最近はダイエットや健康のためという事でいろんな食材などを見かけますが、その中でも酵素や酵母が云々といわれて考え込む事もあるのではないでしょうか。素と母と一時違うだけなのですが、どのような関係があるのか詳しく知っている人は余りいません。

酵素はそもそも体内の様々な化学反応を促進するためのタンパク質です。自分自身が食べたものを消化や吸収させ、代謝や排出などの役目も持っています。酵母は生物なのですが、このタンパク質を生み出す働きを持っているのです。この働きを発酵といいます。親と子の関係と言えばイメージも伝わりやすくなるでしょうか。

違いをそこまで難しく区別する必要はありません。どちらも自分自身の健康や美容を促進させるためには必要な存在です。酵母を摂取すれば、胃酸にも強いのでそのまま通り抜けていって発酵をして酵素を作ってくれます。そしてまたそれが働いてくれて、体内を元気に、そして綺麗に導いてくれるのです。

発酵食品などが体に良いと言われるのはこれが理由でもあります。違いを比べるより、両方ともバランスよく摂取していくことで相乗効果もアップしますので、積極的にいろんな食品を普段から食べるように心がけましょう。

Comments are closed.