最近の投稿

一日にの洗顔回数について

ニキビをなくす、防ぐために欠かせないのが洗顔です。油っぽかったり、埃っぽかったりして一日に何度も洗顔している人がいるかもしれませんが、実はそれはニキビにとって逆効果の可能性が高いのです。
ニキビの原因は毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まって、そこにアクネ菌が繁殖したことです。そこで毛穴が詰まらないように清潔に保つのは極めて重要ですが、だからと言って何回も洗顔すると必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。
皮脂というと毛穴を塞いでニキビの原因となる嫌な奴というイメージかもしれませんが、実は肌を外部刺激から守ったり、乾燥から守ったりするために重要な役割を果たしているのです。そんな皮脂を洗い流してしまっては肌は極めて危険な状態にさらされてしまいます。
ニキビをなくす、防ぐための一日の洗顔回数は多くて朝と夜の2回です。これ以上の洗顔は皮脂を洗い流して肌を危険な状態にしますし、それを防ごうと今度は脳が誤作動してさらに皮脂の分泌を促し、結果的にさらに肌が脂ぎってしまう恐れもあるのです。
運動をして汗をかいた場合は別ですが、そうでないなら気持ちが悪くても、大事な皮脂まで洗い流さないように、朝と夜の2回にとどめておくことです。

Comments are closed.