最近の投稿

銀のスプーンを舐める!?意外と効果のある口臭ケア方法

人のものは気になるのに自分のものは気付きにくいものとして口臭があります。もちろん、ほとんどの人は寝起きや食後などにうがいや歯磨きなどのオーラルケアを行っているでしょうが、外出先などではこまめにオーラルケアを行えないということも多く、自分の口臭そばに居る人に不快感を与えていないかが心配だという人も少なくはないはずです。
特に身体に疲れが溜まったときやストレスを感じているときなどには口臭がひどくなってしまう傾向があります。また、緊張などで口の中が乾いてくると唾液の量が減少するので口の中の細菌が増殖をしてしまい、口臭が強くなってしまいます。
このようなときには一時的に口臭を弱める方法として水を飲んで口に湿り気を与えるという方法があります。この場合、一見、コーヒーのような香りの強いものの方が口臭を弱めるのに効果的なように思われるでしょうが、コーヒーに含まれているカフェインは交感神経に作用して唾液の量を減らすことにつながるので逆効果です。また、外出先などでは、食事の際に銀のスプーンを舐めるというのも口臭を一時的に弱めるのに効果があります。スプーンに含まれている銀の成分が口臭の原因となる揮発性硫黄化合物と反応して、口臭の原因となる物質を他のものに変えてくれるからです。

Comments are closed.