最近の投稿

頭痛や肩こりとの関係は?

体の病気は、病院で治療を行う事で改善、治るケースがほとんどです。大病になる前に、定期健診、検査を受ける事が大事です。しかし、3大疾患と言われるガン、脳卒中、心筋梗塞は、見逃すケースがある病気になります。中でも、脳卒中は、血管、血液の循環がうまくいかず発病する大病です。脳は、体を動かす司令部の役割であるため、危険も多い部位になります。

そんな脳の病気と言えば、頭痛がありますが原因、対策も様々です。まず、頭痛には2種類あり、脳の病気が原因のケースと肩こり、緊張などから起こるケースに分かれます。病気が原因の場合、病院で診断、検査を受ける必要があります。痛みが長く続くと、脳卒中などの大病に繋がるので気を付けましょう。また、肩こり、緊張で頭痛を発する場合は、普段の生活を見直す事が大事です。例えば、仕事で腕、肩を酷使して肩こりになる人は、多いものです。

肩、首のを痛みを和らげるために、肩を回す、解す、揉むなど動かす事がオススメです。マッサージ、接骨院に、定期的に通うのも効果があり、血液の循環も良くなります。そして、緊張型からなる頭痛も、肩こりと関係がありストレスなども原因と言われます。緊張型は、姿勢を正し、身体的、精神的なストレスを解消する事が必要です。普段から、首回りの筋肉をマッサージする、ストレスを発散する、運動をして汗を流すなど、健全な心身を保つ事で治るでしょう。

Comments are closed.