最近の投稿

病気が原因で口臭が発生するケース

誰でも爽やかな息にあこがれますが、口臭が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
にんにくやニラなどの強い臭いを持つ食材を食べた場合、胃腸から食道を通って臭ってくる場合があります。
それから歯間ブラシや歯ブラシや糸ようじを使って、いつも十分綺麗に歯を磨いているのに、緊張すると口が臭くなるのは、緊張によって口腔内の唾液の分泌量が低下して、口の中が乾いてしまうのが原因の一つです。
他に、緊張により口腔内の酸素が減り、嫌気性菌の繁殖から悪臭に繋がることもありますので、その場合は緊張を解くためにも、口を大きく開けて空気を口腔内に取り込み、パクパク、ブクブクと、うがいをするようなことをすると良いでしょう。
また、ミュータンス菌や糖質などによって虫歯になった場合や、口内のケアを怠りがちだと歯周病になりやすく、口臭が発生します。
舌の表面の細胞に細菌や汚れが溜まって白くなり、舌苔と呼ばれる状態になることでも口臭が起こります。
舌苔になる原因は、はっきりとしないことも多いのですが、消化器系の病気が原因であるとも言われています。
このように口臭にはいろいろな原因がありますが、その原因が病気であったなら、出来るだけ早く治すことを考えなければなりません。

Comments are closed.