最近の投稿

頭にすっぱいものを思い浮かべて唾液を分泌させよう!

口臭は、心地よい人間関係を築く上でマイナスに働いてしまうものです。実際に口臭が気になるという人は決して少なくありません。一般に口臭が強くなってしまう原因はいろいろありますが、主な原因は口の中の唾液にあると言われています。実は、唾液には口の中を洗浄したり殺菌したりする効果があります。そのため、仮にこの唾液が減ってしまうと、口の中の菌が増殖し口臭が強くなってしまうというわけです。それで、気になる口臭を予防したり改善したりしたいと思うならば、唾液の分泌を増やす必要があるのです。分泌量を増やすために行なえる簡単な方法があります。その一つは、すっぱいものを頭の中で思い浮かべることによって、分泌量を増やすというものです。もちろんすっぱいものを実際に食べることも効果的です。梅干しやレモン、また酢などはその代表的な食物でしょう。しかし、いくらすっぱいものを食べるよう心がけていても、ストレスや緊張がある生活を送っていると、効果は半減してしまうことでしょう。それで規則正しい生活を送ることや、上手にストレスを解消することなどに励むことができます。それと同時に、すっぱいものを食べたり、すっぱいものを思い浮かべたりするといった非常に簡単な方法によって、改善を図るようにしましょう。

Comments are closed.