最近の投稿

Archive for 2月, 2016

サロンやクリニックでもできる?

デリケートゾーンのムダ毛が無い状態をハイジニーナと呼びます。ハイジニーナは単に見た目が美しいだけでなく衛生面も優れているので、芸能人だけでなく一般の女性の間でも人気が高まっています。デリケートゾーンには比較的濃くて太いムダ毛が密集しやすいため、自己処理を行うと深刻な肌トラブルの原因となる可能性が高いです。プロの施術を受けることで、より安全にハイジニーナになることができます。
ハイジニーナ脱毛を効率よく確実に行いたい場合は、サロンやクリニックの施術が最もおすすめです。最近はブラジリアンワックスによる施術も人気がありますが、効果が長続きしないのがデメリットです。サロンやクリニックの施術をしっかりと最後まで受けて完了させることで、ムダ毛がほとんど生えなくなり、いつもハイジニーナでいることができます。ムダ毛のメラニン色素に吸収される性質を持った光やレーザーを使用するため、お肌が弱い方でも安心して施術を受けることができるのも魅力です。
サロンでは光、クリニックではレーザーを使って施術が行われます。クリニックのレーザーの方がパワーはあるものの、一般的に価格はサロンの方が安いです。また、サロンの光脱毛はレーザーに比べて痛みを感じにくい施術なので、痛みが不安な方でも安心してハイジニーナ脱毛を始めることができるでしょう。

どんなところがデメリット?

現在、メリットの多さで注目を集めているのが、ハイジニーナ脱毛です。
これはVIOライン、いわゆるデリケートゾーンの脱毛の事で、しておくと、水着や下着を着用した際のムダ毛のはみ出しを防ぐ事が出来るだけでなく、水着や下着を着た際のシルエットを綺麗に見せる事が出来るというメリットもあります。
更に、デリケートゾーンのムダ毛というのは、生理の際の経血や日常のおりもの等を絡め取る働きがあります。
下着を着用しない時代であれば重要な働きとなりますが、下着着用をする現在では、この働きは必要ありません。
更に、生理中の経血や、日常のおりものを絡めて、長くとどめておくという状態は、蒸れや痒み、不快感等の原因となってしまう事があります。
ですから、脱毛をする事で、これらの不快感の軽減に繋がります。
ただ、ハイジニーナ脱毛にはデメリットもあり、それが施術中の痛みです。
デリケートゾーンというのは皮膚がとても敏感に出来ている為、他の部位では痛くない施術であっても、強い痛みを感じる事が多い事が特徴です。
ただ、この痛みは施術をしてく間に、慣れてくるという事が殆どですが、最初のうちは、強い痛みがあるという事を意識しておく事がお勧めです。

メリットはあるの?

ハイジニーナ脱毛を自分で行えば、デリケートな部分を人に見られてしまう心配がなくなります。デリケートゾーンは、他人には見せにくい部分になっているので、サロンで脱毛を受けたいと考えても、通いづらくなってきます。自分で脱毛すれば、他人からの視線を気にすることがないメリットがあるので、緊張することなく脱毛していくことができるのです。また、自分でハイジニーナ脱毛をすれば、デザイン通りに進めていくことができます。デリケートな部分の毛を処理していく時に、デザインを考えていきます。サロンに通った時には、スタッフにデザインを伝えていくことになり、その通りの予定で脱毛していきます。ただ、スタッフの美的感覚が優れていないと、想像通りのデザインで仕上がることができなくなり、満足できません。自分で脱毛すれば、考えていた通りのデザインで進めていくことができるので、仕上がりのデザインに不満を持つこともなくなります。脱毛すると、毛が生えなくなるので、デザインを重視したいときには、このメリットを感じることができます。ハイジニーナ脱毛で恥ずかしい思いをしたくない方でも、クリームやジェル、機器を使えば思い通りに脱毛できます。

最近話題のブラジリアンワックスとは?

欧米ではワックスで脱毛することが一般的です。日本では最近ブラジリアンワックスが話題となっています。その理由は、VIO部分、ハイジーナ部分も脱毛できるワックスだからです。油性ワックス、水性ワックスの他シートタイプなどの販売されています。ブラジリアンワックス専門のサロンも登場しています。基本的に、ワックス剤を脱毛したい部分に塗り、ワックス剤が固まったところで、毛に逆らってワックス剤を引きはがします。そのことにより、毛根から毛を抜くことができます。毛根から抜けるということで、個人差はありますが3週間から1か月程度効果が持続します。

このブラジリアンワックスは、家庭にあるもので手作りできるということでも話題です。用意するものは、砂糖とレモン汁、水です。これを同量の割合で準備し、鍋にかけます。沸騰したら弱火にして、茶色く色づき、はちみつのような感じになってきたら容器に移して出来上がりです。使うときには人肌ぐらいに温めて使用します。

またブラジリアンワックスで脱毛する際には、ある程度毛の長さが必要です。ワックス剤に毛がからむ必要があるからです。また、一気に引きはがす作業がうまくいかないと脱毛もうまくいかないことがあります。技術力のあるプロに依頼するというのがきれいに脱毛できる方法のひとつ、といえます。

脱毛の方法について知ろう!

ハイジーナの脱毛方法はいくつかあります。まず、エステサロンや美容クリニックで施術を受ける方法と自分で脱毛をする方法とがあります。
高い効果を得ることが出来るのは、美容クリニックでの施術ですが、費用が高額になったり、何度も通う必要があるなどのデメリットがあります。また、施術を行なうスタッフは同性であることがほとんどですが、恥ずかしさを感じるということもあるかもしれません。自宅で脱毛する方法としては、毛抜きやカミソリを使用した方法、ワックスを使用する方法などがあります。毛抜きやカミソリを使用した方法は、手軽に行うことが出来るというメリットがある一方で、肌に大きなダメージを与えるというデメリットがあります。また、ワックスを使用する方法は一度に広範囲の脱毛をすることが出来るというメリットがあります。
また、最近では家庭用脱毛器を使用した脱毛方法もあります。家庭用脱毛器の種類の中には、ハイジーナの脱毛については使用が認められない物もありますので事前に確認するようにしましょう。
いずれの方法にもメリットとデメリットがあります。そのため、脱毛を行なうという場合には、しっかりと確認してから行なうようにしましょう。

メリットは?

ハイジニーナ脱毛のメリットはデリケートゾーンを清潔に保てることです。デリケートゾーンに毛が生えたままの状態だと汗や血液が毛に付着して、それをエサに毛をすみかとしている雑菌が繁殖するようになるのです。
特に生理中に身につける生理用ショーツは水分が外に漏れないようなつくりになっているため、通気性が悪くショーツの中は蒸れやすくなっています。湿度が高く栄養もあるような環境は雑菌が最も好む状態なので、雑菌がどんどん繁殖してしまうのです。その為膀胱炎などの他感染症にかかるリスクが高くなる他、雑菌のために強い臭いも発生するようになります。
ハイジニーナ脱毛をしておくと雑菌のすみかとなる毛がなくなるので、菌が繁殖するのを抑えられます。また蒸れにくくなるので臭いも発生せず生理中でも快適に過ごせます。
またデリケートゾーンは自分の目では見えにくいため、毛を処理するときに肌を傷つけたりしてしまいがちですが脱毛しておくとそのような危険から肌を守ることができます。度々毛の処理をして肌に刺激を与え続けていると肌に黒ずみが出来る場合もあります。
肌を清潔に保て、毛を処理するときの危険から自分を守れるのがハイジニーナ脱毛の大きなメリットといえるでしょう。

VIOラインとは

VIOラインとはアンダーヘアの事を意味しており、VIOは3つの部位の総称になります。
Vはビキニラインの事を意味しており、下着からはみ出る部分や下着の端に隠れる部分がビキニラインと言う事です。
また、ビキニラインのムダ毛を処理する事で、ビキニの水着を着た時など、ムダ毛がはみ出ないと言うメリットを持ちます。
Iと言うのは陰毛のことを意味しており、陰部周辺のムダ毛がIラインになります。
陰部周辺のムダ毛などの場合は、可愛らしい下着をつけた時のムダ毛が気にならなくなると言うメリットを持つ事からも、女性を中心として人気を高めているのです。

Oと言うのは、お尻や肛門周辺に生えているムダ毛であり、一般的にはOラインと呼んでいます。
Tバックの下着や水着を着る時など、Oラインのムダ毛が気にならなくなどからも注目されている脱毛部位なのです。

そしてVIO脱毛と言うのは、一般的には3つのラインを同時に脱毛する事で在り、簡単に言えばアンダーヘアの脱毛をVIO脱毛と呼んでいるのです。
尚、アンダーヘアの脱毛は水着や下着だけではなく、毛が無い事で蒸れなくなるので、常に衛生的に保てると言うメリットも在ることからも、女性だけではなく男性にも人気が集まっているのです。

注目されている理由

海外セレブや芸能人、モデルの間では当たり前の常識としてハイジニーナ脱毛を行っている人は多いと言われています。

ハイジニーナ脱毛はいわゆるVIO脱毛のことで、ビキニラインのVライン、陰部周辺のIライン、肛門周りのOラインを含めたすべての毛を処理することを指し、たくさんのメリットがあるとされて注目を集めています。

女性の場合は、ムダ毛のはみ出しを気にすることなく水着や好みの下着を選ぶことができたり、生理の際に経血でムダ毛が汚れることがなく、また毛によって蒸れて匂いを発することが少なくなるので清潔感が保たれて良いとされています。

男性の場合は、排便の際に便によってムダ毛が汚れる心配がないのでウォシュレットないトイレでも大丈夫であり、見た目が衛生的で女性にも好評であり、海外の男性の間では公共の場に出る際のマナーとして処理するのが常識という考えの国もあります。

海外では完全にツルツルに処理してしまうようですが、日本では温泉などで裸になる時に全く毛がないというのには抵抗があるようで、ハートやくまや菱形など好きな形のデザインにするのが流行っているようです。

最近では美容意識の高い男性の間でも人気が高くなっているので、これから先ハイジニーナ脱毛することが当たり前に時代になってくるのも近いでしょう。

ハイジニーナ脱毛の特徴

海外ではアンダーヘアの脱毛をするのが常識となっているところが多く、それをハイジニーナ脱毛と呼んでいます。
ハイジニーナとは、清潔、衛生的という意味があり、脱毛することによって、デリケートゾーン付近に余分な雑菌を繁殖させないようにする効果があります。
ムダ毛の量が多いと、そこに汗や雑菌がたまるため、蒸れやすくなり、悪臭を発生させやすくなります。
毎日石鹸やボディソープで洗っているのに、ニオイが取れないと悩んでいる方があれば、ハイジニーナ脱毛を行うようにしてください。
ハイジニーナ脱毛には、デリケートゾーン付近を清潔に保つ以外にも、水着や下着から、ムダ毛がはみ出すのを防げるという特徴があるので、海やプールに行く前に処理しておくと安心です。
Vラインなら、自分で処理できなくもないですが、OラインやIラインは不可能なので、美容クリニックやエステサロンで、脱毛のプロに任せた方が良いでしょう。
美容クリニックでは医療レーザー脱毛、エステサロンではフラッシュ脱毛という方法でムダ毛の処理を行います。
それぞれ特徴は違いますが、痛みに関しては心配することはないので、キャンペーン期間中の安い時期を狙って行くようにしましょう。

知っていそうで知らない?!ハイジニーナ脱毛の基礎知識

ハイジニーナ脱毛とはビキニラインのV、陰部周辺のI、肛門周りのムダ毛のOのすべてのムダ毛を処理する方法で、海外では女性の常識としてだけでなく男性の間でもマナーとして処理している人が多いようです。

ハイジニーナ脱毛には多くのメリットが存在します。

まず、生理の際に経血で毛が汚れることがないので蒸れて匂いが発生するリスクが少なくなります。
また、毛がはみ出すことを気にしなくても良いので、好みのデザインの下着や水着を試すことができるのも良い点です。

そして、セックスの際に男性に喜ばれる他、個人差もありますが感度も上がることもあります。

芸能人や、水着になる機会の多いモデルの間でもモテる女の常識として、最近ではワキ脱毛の次に人気の高い施術法だと言われています。

ハイジニーナ脱毛は脱毛サロンでも美容クリニックでも行われていますが、目的によって自分がどちらに通うか決めても良いでしょう。

美容クリニックでの脱毛法は医療レーザーによる施術で、一度処理してしまえば半永久的に自己処理する必要はありませんが、笑気麻酔や麻酔クリームなどを使用しても個人差はありますが痛みが強い場合があることがデメリットです。

痛みに弱い人は比較的少ない痛みで済む脱毛サロンの光脱毛による施術の方が良いかもしれませんが、ただ医療レーザーに比べて威力が弱いので半永久的な脱毛効果は望めません。

痛くても半永久的な脱毛効果を望むか、痛みは最小限にして脱毛サロンに通うかよく考えてから施術を受けるようにしましょう。af0060019972l