最近の投稿

Archive for 12月, 2015

まつげを選ぶポイントはどんな目になりたいかが重要

まつげによって人の顔の印象は大きく左右されるものです。まつげエクステを選ぶときも、自分がどんな瞳になりたいかよく考えてから選ぶようにしましょう。ただまつげを長くするだけではなく、雰囲気もつくることができるので便利なものです。まつげエクステには素材にも違いがあります。例えばミンク素材のまつげは、光沢とつやがあります。そしてボリューム感も作りやすいので、ゴージャス系になりたい方におすすめだといえます。ボリュームを増やすほどにゴージャスに近づけます。シルク素材のものは、固さがあり、仕上がりもよく纏まります。ナチュラルさもあるので、キレイ系になりたい方にはこちらがいいでしょう。目尻の部分だけ長く強調したデザインもおすすめです。カワイイ系になりたい方は、カール度をアップさせると、目もパッチリした印象になり、キュートさを演出することができます。カワイイ系は特に人気があるようですね。目が丸く見え、黒目の印象を強くさせる効果があるようです。美しい曲線が描かれるので、横顔も可愛くなること間違いないでしょう。このようにまつげエクステは種類も豊富で、つけまつげよりも自然なカールを作れるのでおしゃれにも自信が持てるようになるでしょう。

まつげエクステのカールの種類はどれくらいあるの?

まつげエクステのカールには、いくつか種類があります。
一番カールの弱いJカールは、根本から先端にかけて緩やかなカーブになっており、本来のまつげに一番近く、自然なボリュームを演出できるのが特徴です。
次にBカール、Cカールがあり、Cカールになると全体的に毛先をビューラーで上げたような上向きのカーブになります。より目元の印象が強くなり、一般的にも多く使用されているタイプです。
更に、Cカールよりもカールの強いCCカールがあり、より上向きではっきりとした目元になります。
まつげエクステは、カールが強いものほど目元の印象も強くなりますが、その分接着部分の面積が少なくなるため、弱いものより取れやすい傾向にあります。
また、メーカーによって種類の呼び方や強さに違いがある場合もあるので、利用する際には確認が必要です。
まつげエクステはこれらの種類によって仕上がりの印象も異なりますが、人によって目の形やまつげの生え方などが違うため、同じ種類のものを装着しても、皆が同じ印象に仕上がるとは限りません。また、二重や一重、奥二重など、まぶたの重なり具合によっても、目を開けた時のエクステの見え方が変わります。
いくつかの種類を試してみて、自分に合うものを見つけると良いでしょう。

自分の目に合った長さとデザインの選び方

今、女性たちの間で話題となっているまつげエクステですが、装着する人工毛の長さとデザインで、どのような目にもなれるので、若い女性がふさふさに付けるものというだけではなく、大人の女性も、加齢とともに寂しくなっていく目元に上手に取りいれて見ましょう。人工毛には、長さ、太さ、カーブなど様々な種類があるので、自分の希望、目の形、地まつげの状態すべてを考えてデザインを決めると、持続性を高めることにもつながります。自分のまつげと人工毛の接着面が大きければ大きいほど安定するので、どんなに長いまつげにしたくても、地まつげがあまりにも短ければお勧め出来ません。そういったこともしっかりと考えながら施術を進めてくれるアイリストは、技術力も高く信頼できます。またまつげエクステは、自分の目の形に対する悩みも改善できるもので、例えば切れ長のセクシーな目に見せたい場合は、目頭から目尻に従ってだんだん長くなるようにし、目尻には長めでカーブの緩やかな毛を付けると良いです。目が小さいと悩んでいる方は、カーブの角度がきつく長さのある毛を付ければパッチリした目に見えます。垂れ目が嫌な人は目尻にカーブの強めの毛を付けると、目尻が上がって見えます。

まつげエクステに関する法律や免許

今や女性たちの間で大人気となってるまつげエクステ、厳密にいえば十年以上前から日本には輸入されているまつげ美容法ですが、デジタル機器が広く普及されるようになったことに伴って、芸能人やモデルなど美のお手本となる女性たちが、自身のブログなどでこのまつげエクステを発信することにより、一般女性の間で人気に火がつき広がっていったといわれています。上陸当初はこの施術を行うアイラッシュサロンもそれほどなく、また施術を行うアイリストも、何の資格も必要ありませんでしたが、ここ数年で、爆発的にまつげエクステが広まったことにより、数時間程度講習を受けただけの、経験値の乏しいエステティシャンが施術を行うことによるトラブルが多発し、法律で美容師免許が必要という決まりが出来ました。アイラッシュサロンを選ぶに当たっては、この美容師免許の有無は大切な確認ポイントでもありますが、現実では美容師学校ではアイラッシュについての講義はないので、免許があるからといって技術力が備わっているかどうかは分かりません。あくまでもアイリストとしての経験、実績、スキルを基準にサロンを選ばないと、満足のいく美しい仕上がりは手に入れられません。

サロン内が明るく、空気清浄機があるかを確認しよう

近年女性達に圧倒的な支持を得ているアイメイクの方法として、まつげエクステという美容法があります。人工のまつげをまぶたに装着して、目元をより大きくチャーミングに際立たせるという美容法です。人気の芸能人や憧れのモデルなどと同じデザインのまつげエクステを付けるという女性も数多く存在します。まつげエクステは技術を学んだ専門のスタッフが施術を行うのが一般的です。専門のサロンやクリニックで施術を受けるにあたって、良心的なお店を選びたいものです。良いサロンとはいったいそのような特徴があるのでしょうか。まずお店の雰囲気は大事です。サロンの待合室や施術室が明るい開放的な造りだと、入りやすく気分も明るくなります。また空気清浄機などが各所に配置され、清潔感の保たれた空間であることも重要なポイントです。まつげエクステはまぶたの繊細な皮膚に、エクステを接着させるものですので不衛生なサロンでは受けたくないというのが多くの意見です。空気清浄機で雑菌を除去して、クリーンな室内で施術を受けたいものです。またサロン内が清潔であることはもちろん、実際の技術力の高さや料金面でのコストパフォーマンスの良さも良いサロン選びのポイントです。そのようなサロンを探すには口コミなどを参考にするのも1つの有効な手段といえそうです。

使用機器や道具が消毒されているか確認しよう

まつげのエクステとは、自分のまつげに付ける人工のまつげのことをいいます。自分のまつげにボリューム感を出て目が大きく見せることが出来るので若い女の間では人気があります。まつげの根元から1~2mmの場所から専用の接着剤を使って人工のまつげを付けていきます。この施術は都道府県等の自治体で許可を受けた美容所で行う事として法律で定められています。しかし、近年ではまつげエクステ施術を受けたことによる目の痛みや痒み等を訴える被害が増えています。その被害とは接着剤によるアレルギーや施術の技術不足などもありますが、衛生管理がきちんと行われていないお店での被害が増加傾向にあります。エクステで使われる機器は消毒を行うことが法令で定められています。その方法として煮沸や蒸気、エタノール、紫外線消毒器による方法などがあります。それぞれ消毒時間や消毒液の濃度などが細かく定められています。まつげエクステは目の近くで行われる施術ですから治療費用だけでなく、消毒施術をするお店を選ぶ時には衛生管理が行き届いているかを確認する必要があります。機器だけでなく、施術者がエタノール等で手や指を拭いて清潔にしているかもチェックしてしてみて下さい。評判や口コミを調べてみたり、直接お店に足を運んで不衛生な状態で施術が行われていないか確認した上で、まつげエクステを受けるようにしましょう。

スタッフの身だしなみや、マスク着用の有無も確認しよう

女性の間で大人気となっているまつげエクステ、すっぴんの美人度が格段にアップしたり、メイクがかなり楽になるなどメリットが多いので、一度体験するとたちまち虜になってしまう方が続出しているようですが、このブームとともにアイラッシュサロンにおけるクレームやトラブルも多発しており、摘発されている事態にまで発展している悪質なサロンも多いので、そういったことに巻き込まれないようにするためにも事前にしっかりと調べましょう。アイリストが美容師免許を有しているかということは、自己予防の面でも当然のこととして、やはり近距離で施術を受けるものなので、スタッフの身だしなみは要チェックポイントです。お客さんの顔に触れないように、髪の毛を垂らさずにまとめているか、マスクを着用しているか、爪が伸びすぎて肌を傷付けないかといったことは、アイリストだけではなく美容に携わるエステティシャンは基本中の基本です。まつげエクステは目元というとてもデリケートな部位を扱うものなので、経験豊富なスキルの高い施術者に行ってもらうことも大切です。しかし何より、アイリストとの相性も大切なので、不衛生な印象を持つアイリストには触れられたくないとさえ感じるものです。施術に使う器具などをきちんと消毒しているかどうかもチェックしておきましょう。

清潔感、整理整頓具合を見てサロンを選ぼう

私たちが日常生活で商品を買うと時やご飯を食べる時、営業している店舗に足を運びます。
その中で欠かせないのが清潔感や整理整頓されているかのチェックです。
なぜかというと、綺麗に掃除をされていたり、効率を考えて整理整頓されていると、お客様の目線から見て気持ちいいだけではなく、働くスタッフにとってもよい効果をもたらします。
それはまつげエクステサロンにもいえることなので、清潔感や整理整頓されているかどうかをまずチェックするようにしましょう。
とくに、まつげエクステサロンの場合、直接肌に触れるものですから、衛生環境というのはとても大切になってきます。
せっかく綺麗になりたくてまつげエクステサロンに通ったのに、逆に嫌な気持ちになったり、病気になってしまっては元も子もありません。
ですから、万が一、不衛生なところで施術をしてもらうと、眼球にキズがついてしまったり、病気を誘発してしまうおそれもあるため、消毒設備が整っているか、資格を持っているか、などの衛生環境を重視で選ぶとよいでしょう。
大体外から見てもなんとなく判断がつくものですが、もしそれだけで不安な場合には事前に口コミをチェックしたり、カウンセリングだけ受けてきて店舗内をチェックすると安心です。

自分と相性の良い合うサロンを探す方法

サロンは自分と相性の良いところを選ぶべきです。いくら評判が良くて実際に技術の高いサロンでも、自分に合わなくては通うことがストレスとなって逆効果にもなりかねないからです。
通いやすいサロンに決めるには、まず試してみることです。今、ほとんどのサロンでは試すためのお試しコースや無料カウンセリングがあります。これらで試してみるのがいいでしょう。ただ気を付けたいのが勧誘です。無理な勧誘がなくなったとは言っても、店員によるコースの案内はあります。ごり押しはされませんが、どうですかといわれた際にその場の雰囲気に流されて申し込んでしまう可能性のある人は注意しましょう。
またいくら室内の雰囲気、コースの内容、料金が良くてもスタッフとの相性が悪くては意味がありません。毎回違う人かもしれませんが、一人でも馬の合わない人がいるとそれだけで憂鬱になるので、相性も注意しましょう。
それと通いやすさも重要です。内容が素晴らしくても家から2時間かかっては時間もお金ももったいないです。通常サロンは1回では終わらずに何回か通う必要があります。通いにくくては途中で挫折する可能性が高いので、長くても片道1時間以内のところを選びましょう。

まつげエクステを選ぶ時のポイント

まつげエクステは太さや長さ、カール毛先の種類、さらには付ける本数も様々ありますのでなりたい目元に合わせて選び方が変わってきます。主に使われる太さは0.1~0.2mmです。0.1mmであればナチュラルな印象になり、0.15mmであればマスカラを1土塗ったような目元、0.2mmであればマスカラを2度塗りしたようなばっちりした目元になります。しかし太ければ太いほど取れやすくなってくるので注意が必要です。長さは自分のまつげより1~2mmほど長いものをつけるとちょうど良いです。店員さんがしっかりと測ってくれますが目頭と目尻では自まつげの長さも変わってくるのでそれぞれに合わせて長さを組み合わせると自然なボリュームアップにつながります。カールはお店によって違いますし今は種類も豊富になってきていますがよく使われるものはCカールとJカールです。Cカールはビューラーでしっかりカールさせたようなまつげになるのでこちらをつけるとすっぴんでもぱっちりした目元になります。JカールはCカールに比べてカールが弱いため少し伏し目がちな印象にしたり目尻だけJカールにするとタレ目効果もあり優しい印象になります。自分のイメージに合わせてエクステを選ぶのが良いでしょう。a0002_002041