最近の投稿

Archive for 12月, 2015

自炊して糖質コントロールするのがポイント

最近流行の炭水化物抜きダイエット。毎食主食を食べるのが当たり前な方が突然主食抜きの生活に切り替えるのは苦痛かもしれません。しかし、主食にはたくさんの糖質が含まれていて、血糖値が上がってしまいます。血糖値が上がることは体重増加にもつながってしまいますが、糖質が少ない食品は血糖値が上がらないため太りません。まずは糖質が少ない食品を知って上手に食材とつきあいましょう。自炊をする場合、一番困るのが昼食です。仕事をしている場合はお弁当を持参することになりますが、主食がないお弁当はなんとなく見栄えが悪いです。お弁当を華やかにさせるポイントは大豆製品を上手に使うことです。主食の変わりにおすすめしたいのが「大豆ごはん」です。作り方は木綿豆腐を軽く湯がき、冷ましてから小さくちぎります。ちぎった木綿豆腐におからを混ぜると見た目がごはんに似た状態となります。この大豆ごはんを主食の代用品にすると便利です。大豆ごはんはそのまま使用しても良いですが、チャーハンに見立てて炒めるとボリュームがでて腹持ちも更に良くなります。大豆製品はたんぱく質が多く含まれて糖質制限をしている時に大活躍する食材です。厚揚げや油揚げなども積極的に使用しましょう。

糖質が低いアルコールの種類

ダイエット中はカロリーを控えた生活をずっと続けなくてはいけない、と辛いイメージがあります。しかし、糖質オフダイエットの場合は肉や魚だけでなく、アルコールも飲むことができます。糖質制限をする際に知って欲しいのが糖質が多い食品を覚えることです主食である炭水化物はもちろん、砂糖も多いため甘いもの全般は控えなくてはなりません。更に芋、かぼちゃ、とうもろこしなども控えたい食品となります。ここまで聞くとやっぱりダイエットは大変と思ってしまいますが、糖質が少ない食材は制限なく食べられますし、調理方法も決まりがありません。揚げ物も食べられますので主食抜きでも調理方法を工夫すれば上手にダイエットができます。更に嬉しいのがアルコールが飲めることですが、糖質がないお酒は蒸留された焼酎やウィスキーです。また赤ワインと白ワインも比較的低いいため飲むことができます。居酒屋メニューが好きな方は炭水化物を抜いたダイエット方法はまさに最適だと言えます。最初のうちは主食が食べられないことに辛さがあるかもしれませんが、3日間乗り切れば次第に主食がない生活に満足できますので徐々に慣らしていきましょう。毎日同じ時間に体重をはかることを忘れないで下さい。

良質なタンパク質を含む食材

糖質制限をする際には、筋肉が落ちないようにタンパク質を摂取することが重要です。
タンパク質は主に肉、魚、大豆、乳製品、卵などに多く含まれています。
大豆のような植物性タンパク質と、肉、魚、乳製品、卵などの動物性たんぱく質に分類することができます。
植物性のものに比べ、動物性の方が吸収が良いといわれています。
脂質の少ない鳥のササミはダイエット中には、もってこいの食材です。
しかし、ササミよりもさらにお薦めな食材があります。
それは、鳥の胸肉です。
胸肉も、もも肉に比べ脂肪分が少なく高たんぱくでダイエット中には最適な食材です。
お薦めな理由としては、胸肉には疲労回復の効果が期待できるからです。
胸肉の中には、イミダペプチドという成分が含まれています。
イミダペプチドは活性酸素を除去する抗酸化作用があることが認められている成分です。
また、鳥の胸肉は安価でとても入手しやすいです。
ダイエット中は、続けることが大切となるので安く手に入る食材なのは魅力です。
胸肉は調理法によって、パサパサになって美味しくなくなってしまうことも多いです。
調理を工夫すれば、ちゃんと美味しく召し上がることができます。
一つは、肉の繊維を断ち切るようにカットすることです。
次に、低温で調理することでしっとり柔らかな触感に仕上げることができます。
食事にしっかりと満足感のあるお肉を食べることで、糖質を制限してもストレスなくダイエットに取り組むことができます。

良質なタンパク質が必要な理由

炭水化物抜きダイエットとは糖質の高い食品を避け、タンパク質や脂質などの食品を豊富に摂取して減量を目指すという趣旨のものです。糖質の高い白米や麺・パスタやパンなどの炭水化物を減らすことが基本です。また糖質の高い食品にはフルーツや芋類・小麦製品や調味料など様々なものがあります。糖質を抜くことにより体に生じる不調を緩和するためには、良質なタンパク質を十分に摂取して足りない栄養を十分に補うことが大切です。良質なタンパク質を多く含む食材には、肉や卵・乳製品や大豆などの製品が挙げられます。その他にもナッツやうなぎなどにも豊富に含まれています。これらの食材を積極的に摂取すると、体内でアミノ酸の合成を促し様々な器官を活性化するといいます。日常の生活の何気ない動作はすべてたんぱく質による、といっても大げさではないほどに非常に重要な成分です。私たち人間が健やかに生きていくためには欠かせない必須の栄養素です。その作用により体内の新陳代謝がアップして、血行が良くなるので脂肪が燃えやすくなります。また高血圧や貧血を予防したり、お肌にハリや艶を与える効能もあります。このような理由から炭水化物抜きダイエットには、良質なタンパク質が欠かせないといわれています。

糖質コントロールのコツ

ダイエットでおすすめしたい「糖質制限」は難しそうに思いますが、とても単純です。まず知ってほしいのが、糖質が多く含まれる食材ですが、大雑把に言うと炭水化物と甘い物になります。炭水化物と言えば米、パン、麺類ですが米や小麦粉を使う食品は全て糖質が多いと言うことです。また甘い物の代表である砂糖が入った食品も同様になります。更に野菜を茹でたときにホクホクする芋やかぼちゃ、ねぎ類も糖質が多いため控えたい食品になります。上記の食材以外は基本的に何でも食べられますので、主食や甘い物を我慢できるのであれば上手にコントロールができます。主食の置き換えフードとしておすすめなのは大豆製品です。主食は豆腐や厚揚げ、がんもどきなどを利用すると良いでしょう。揚げ物も食べられますが、衣となるパン粉は控えたいため、高野豆腐をすりおろしたものをパン粉の代用品として使用することをおすすめします。食材を置き換えても調理方法に制限がなく、食べたときの満腹感もあります。お酒もビールと日本酒以外は飲めるものが多いので上手に付き合えばダイエット効果だけでなく、血糖値を下げる役割もあります。最初から一気に糖質制限をすると辛いので徐々に切り替えて下さい。

炭水化物抜きすぎも良くない?炭水化物抜きダイエットの注意点

炭水化物を抜いてダイエットしようとした場合、抜きすぎないように気を付けるようにしましょう。
炭水化物は、身体を動かしたり頭を働かせるうえでのエネルギー源になってくるため、全く摂取しなくなることにより、体の機能にも問題が出やすくなってしまいます。
身体を動かそうと思ってもうまく動かすことが出来なくなってしまいますし、頭もぼんやりとしてくるため、仕事上でも問題が出やすくなってしまうのです。
健康な生活を送るうえでも、炭水化物の摂取は重要となってくるでしょう。
また、炭水化物を全く摂取しなくなると、燃やせる物がなくなるため、たんぱく質をエネルギー源として消費しやすい状態になってきます。
炭水化物を抜くことにより、痩せやすい体になれると考えてしまいますが、たんぱく質で出来ている筋肉が燃焼されやすい状態になってくるため、リバウンドを起こしやすい状態になってしまうのです。
せっかく痩せることが出来たとしても、筋肉が少なくなるためバランスの悪い体になってしまうだけではなく、リバウンドを起こすことにより、健康上にも問題が出やすくなるでしょう。
炭水化物ダイエットの注意点として、抜きすぎないように気を付けながら摂取するとよいです。

炭水化物を抜くと痩せる理由

炭水化物を抜くと痩せる、という話を聞いて実践した人も多いでしょう。
実際にダイエット方法としては今でも人気が高いですし、実際にこの方法で体重を落としたという成功者もいます。
いわゆる「炭水化物抜きダイエット」で望める効果は、糖質の抑制です。
炭水化物は、摂取すると体内で分解され、デンプン質が糖質に変わります。
お米をよく噛むと甘く感じることがありますが、その延長とイメージするとよいでしょう。
これはお米だけではなく、芋類も同様です。
たとえば、ダイエット中に食べてはいけないといわれているのがジャガイモで、これもデンプン質が多く含まれていることにより、糖質に変えられた時に大量に生産されることになるのです。
糖分は控えている、でも太ってしまうという人や、普段から甘い物は食べていないのになぜか太るという人は、炭水化物による糖質が多いかもしれません。
これを抜くことにより、糖質制限をして痩せるというのがダイエット方法として認識されています。
しかし、実際には完全に抜くとすぐに体が悲鳴をあげてしまいます。
また、すぐにエネルギーに変わるため、炭水化物抜きダイエットは体力が落ちやすいといわれています。
完全に抜いてしまうのではなく、摂取量を調節しつつおこなう方が、よりよい効果が出るようです。

糖質と体重の関係

体重が気になり始めた時に行うダイエット。今まではカロリーを制限して体重を減らすことが当たり前でした。しかし、糖質を控えれば血糖値が上がらず、血糖値が上がらなければ太らないということが科学的にも実証されています。そこで最近話題になっているのが糖質と体重の関係を上手に利用した「糖質制限ダイエット」です。やり方はとても簡単で糖質を制限するだけです。まずは糖質が入っている食品をしっかり把握する必要があります。最も控えなければいけない食品は炭水化物と甘いお菓子や果物になります。それ以外の食品は芋類や一部の野菜を除きほとんどの食材が食べられますし、調子をする際に油やバター、生クリームなど高カロリーなものも使えますので、調理方法を気にせず満足感が得られる料理を作ることができます。ダイエットを初めて最初の壁は毎食炭水化物が食べられないということです。いつも主食を食べる生活を続けていると、炭水化物が食べられないことに物足りなさを感じるでしょう。最初はあまり無理をせず、主食の量を減らすことから初めて下さい。慣れてきたら一日一食主食を抜く、それにも慣れたら毎食抜く、といった具合で続けると長続きしやすいです。

炭水化物ダイエットの特徴

理想の体型を維持するにはそれなりの努力が必要です。まずは乱れた食生活を見直し、暴飲暴食を避ける事が必要です。栄養の偏った食事をしていると体の基礎代謝率も低下してくるので、肥満体質を抜け出す事が難しくなります。計画性の無い断食等も栄養不足になり、健康を損なう原因にもなります。ダイエットの基本は健康的に進めて行く事です。必要最低限の栄養素を摂取しながら、不要なものだけを減らしていくという食生活を普段から心がける事が肝心です。中でも主食に多く含まれる炭水化物を減らす事でダイエットに大きな効果がある事が知られています。炭水化物とはお米やパン、パスタ等に含まれて、糖に変化します。炭水化物ダイエットはこれらを極力減らしていくだけで、無理なく安全に短期間でダイエット効果を実感できるのが特徴です。しかし炭水化物を含む食品を全て食べないというのもストレスが溜まります。まずは低炭水化物ダイエットから始めるのも得策です。蕎麦は低炭水化物食品です。糖や脂質の代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれ、食物繊維も含まれています。ご飯やパンを少しずつ蕎麦に置き換えていくと無理なく継続できます。費用をかけずにスリムなボディを手に入れる事ができるので、広く行われている方法です。

炭水化物抜きダイエットのコツ

 炭水化物抜きダイエットのコツは、ただ、お米やパンを抜けばいいということではありません。注目しなければいけないのは「脂質・糖質・タンパク質」です。炭水化物とは「脂質・糖質・タンパク質」のことを言います。そのため、食品表示の「脂質・糖質・タンパク質」の分量に注目するようにしましょう。実は、極端なところ、炭水化物を含んでいない食べ物は加工食品や調理されたものはほとんどありません。肉や野菜などの原料類になります。ただ、効果のある炭水化物抜きダイエットとは、先にあげたような食事を徹底した場合に限られます。食事制限だけでダイエットを成功させようと思うと、偏った食生活になることはまず間違いありません。
一般的には、「炭水化物を控える」かたちで並行して運動量を増やすことがこのダイエットを健康的に進めるコツということになります。お米やパンを控えるのはもちろんのこと、脂質を含まない野菜、肉類を多く摂るようにしましょう。野菜の中ではきゅうりやキャベツにドレッシングをかけずに食べる、肉類も脂肪の少ない種類のものを油を使わずに焼いたものなどを摂るようにしましょう。炭水化物がどうしても食べたくなったときは、それに見合った運動をするようにします。a0002_005111