最近の投稿

Archive for 10月, 2015

美顔器・フェイスケアの種類と特徴

美顔器は自宅で素人でも取り扱う事のできる美容家電のことです。手でケアするより格段に高い効果が短時間であられることが特徴で、代表的なもののひとつが水分をナノ化して保湿力を高めるタイプです。きめの細かい透明感のある肌になるのが特徴的でパッティング機能や携帯用も市販されています。別の系統としてはイオン導入タイプのフェイスケアがあります。イオンの力を利用することでクレンジング時には毛穴の深い部分から汚れを引きだし、逆に与えるケアの時には美容成分の浸透率をあげることでより長い時間効果を持続させるとともに肌の中からきれいになる作用をサポートします。メラニンの排出を促す働きもあるのでシミを薄くする効果もあります。また最近導入され始めたものにパルス光を照射する美容家電があります。主にアンチエイジング対策として有効で、肌の奥に光を届けることで熱刺激を与え、コラーゲンの再生能力を活性化させます。肌の弾力や保水力を向上させるともにしわやたるみを改善し、小顔に導きます。フェイスケア家電は手軽にエステのような本格ケアをできるのがメリットですが、美肌を目指す場合、ターンオーバーのサイクルにあわせて継続的に使用することが必要です。

主流はY型!ローラー美顔器

それほど美とそれらに纏わる道具に関心が無い場合でも肌にローラーを当てて転がすローラー式美顔器は耳にしたことや目にしたことがあるでしょう。
美に関する知識や道具は変化していきますが、ローラー式美顔器も例外ではありません。
これまでは、スティックタイプが人気を集めていましたが現在ではY型ボールタイプが主流になっています。
スティックタイプよりもY型タイプの方が肌をこれまで以上につまむことが可能で、リンパの流れをより一層良好なものにするため、さらにフェイスアップが可能になるのです。
スティックタイプには、ゲルマニウムやプラチナが搭載されているものが多いのですが、YタイプはEMSやマイクロカレントといった電流刺激が搭載されているものが多いという特徴があります。
ほぼ全ての商品が顔は当然ですが、全身に使用することができます。
小顔や肌を美しくするという美を追い求める以外にも、マッサージが心地よいことから好まれているというリラクゼーション効果もあります。
こうした人気から各社が工夫を凝らした様々な商品が販売されています。
防水仕様になっており、バスタイムで使用するものがあるなど独自性のある商品も多いのが特徴です。

深刻な顔のたるみに効くパワフル美顔器とは

筋肉は使わずにいると退化してしまいます。それは、身体でも顔でも一緒です。筋肉が衰えると、たるみやシワの原因になることが知られています。そこで、筋肉を鍛える方法として、ストレッチやマッサージ、エクササイズなどがあります。しかし、今まで使わずに衰えてしまった筋肉を鍛えるのは簡単なことではありません。様々な方法が紹介されてはいますが、正しい方法で行うことが出来ない場合もあります。そこで、おすすめなのがパワフル美顔器なのです。
使用することにより、深刻なたるみの原因となっている深い場所まで刺激することができるので、効率よくたるみを解消することが出来ます。しかも、機能が充実しているタイプは価格が高額というイメージがありますが、同じ内容の施術をエステサロンなどで受けた場合と比べると、一度購入してしまえば自宅で自分の都合に合わせて何度でも利用することが出来るので、総合的にみると決して高いとは言えないでしょう。
一度使用しただけ、施術を受けただけでは、思ったような効果を得ることが出来ないので、継続して使用するということが大切になります。EMSやラジオを利用したものやサロンで使用されている機器に機能が近いものなど様々な製品がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

美顔器・フェイスケアの選び方

フェイスケアのひとつとして美顔器を使用することが当たり前の時代となってきました。家電メーカーからも販売され、性能が高いものも多いのでエステに行ったかのような効果を味わうことができます。普通のスキンケアと比べれば、即効性が高いので、肌の変化を感じられるでしょう。目元ケアに特化したものや、毛穴ケア専用のものなど、分類されていることが多いので、自分のお肌の悩みに合ったものを選ぶようにしましょう。やはり、まだまだ高価なものなので、気軽に買えるものではないと思われます。何を買うかは慎重に選びましょう。また、一人で使用するので、使い方を間違ってしまっては効果もあらわれません。自己流の使い方などもトラブルの元になるので控えるようにしましょう。素人でも安全に使えるように出力数などは低くなっているものが多いですが、効果も低いというわけではないので、気長に使っていってください。美肌を目指すなら、超音波やイオン導入などの機能があるものが期待できます。たるみやしわ、ほうれい線、小顔、ニキビケアなど幅広い悩みに使用することができるでしょう。とにかく近年は商品数も多くなってきているので、口コミや評判を参考に失敗のないよう選びましょう。

自宅でも活躍!ハンディ美顔器

ハンディ美顔器のメリットの一つが、手軽に持ち運ぶ事が可能で、外出先や旅先でも使えるという事です。
ただ、現在は、小さくても高性能な美顔器が増えてきており、外出先だけでなく、自宅でもしっかりと活躍してくれる美顔器も多くあります。
そんな美顔器の性能は、美顔器によって様々です。
有名なのは、ローラータイプの美顔器です。
いつでも手軽に使う事が出来る事で人気です。
ですが、現在は肌の上で転がすだけでなく、エステのような効果がある美顔器も多く登場しています。
その中でも、注目を集めているのが、イオン導入が可能なタイプの美顔器です。
イオン導入は、肌のバリアを弱めた状態で、肌の奥まで浸透しやすくイオンを帯させた美容成分を送り込んでいく方法です。
ビタミンC誘導体や、プラセンタは、この方法を使う事で、肌の奥までしっかりと成分を届ける事が出来ます。
それにより、化粧水等で、成分を補うよりも、高い効果を期待できる事になります。
美容系のクリニック等で、多く行われている施術法ですが、現在は、このイオン導入が手軽に行える美顔器も発売され、高い注目を集めています。
美しくなりたいと考えたら、肌や目的に合った美顔器を探し、使用してみる事がお勧めです。

光エステで頭皮とお顔のエイジングケア

30代になると急に抜け毛が増えるようになったり、肌荒れが起きやすくなったと悩んでいる方もあるかも知れませんね。
女性の抜け毛や薄毛は、頭皮の血行が悪くなっているために起こるので、マッサージを行い、血液の循環を良くする必要があります。
肌荒れが起きやすくなった原因は乾燥にありますが、お肌の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分は徐々に失われていくので、そのままにしていると、ニキビや吹き出物だけでなく、シミやしわなどの老化現象が起こるようにもなります。
まだ初期の段階では、保湿化粧品だけで補うことも出来ますが、あまりにも乾燥の状態がひどいと、それだけでは改善できないので、エイジングケアをしたいときは光エステにチャレンジするようにしましょう。
サロンで美容マシンやマッサージなどによる施術を受ければ、シャンプーでは落とせない、毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除いてくれますし、血流もよくしてくれるので、抜け毛を減らして、薄毛の状態を改善することが出来ます。
さらにフェイシャルケアを受ければ、血液の流れが良くなり、代謝が促進されるので、美肌に生まれ変わりやすくなりますし、乾燥による肌荒れを防いだり、老化現象を抑えられるので、まずは予約を入れ、カウンセリングを受けてみましょう。

光エステの脱毛不可部位は

光エステの脱毛不可部位は、日焼けやホクロ、シミ、その他色素沈着があり、皮膚の色が黒くなっている部位です。使用される光はメラニン色素に吸収される性質があり、これをメラニン色素の多い黒い毛根に吸収させて熱を持たせる仕組みになっています。皮膚の黒い部位もメラニン色素が多いため、他の部位と比べて光が吸収されやすくなります。この影響で皮膚が受けるダメージが大きくなり、火傷などの肌トラブルが起きる危険性が高くなるため、照射を避ける傾向があります。
皮膚がダメージを受けるため、肌荒れがあったり、皮膚疾患のある部位は光の照射によって症状が悪化する危険性があるため利用できないことがあります。施術を受ける前に毛を短くする必要がありますが、当日に肌荒れが残らないように早めに自己処理をします。カミソリは皮膚の負担が大きいため、電気シェーバーの方が適しています。また、皮膚疾患が起きているときは治まるまで休みを入れるか、医療機関で施術を受けても良いか確認した方が安全です。
黒い毛根に光を吸収させるため、メラニン色素が含まれていない白い毛に対しては照射しても効果が得られません。また、自己処理で毛根を抜いた部位に照射しても効果を得られなくなるので注意します。

光エステの顔脱毛

光を使った脱毛、光脱毛は有名ですが、実は光は脱毛だけでなく美白やハリ・弾力アップなど様々な効果があるのです。
光を使った光エステでは顔脱毛も行われています。通常の光脱毛の光を顔に照射するのは少々光が強すぎるので、出力は低めで行われます。そのため他の部位に比べると脱毛までに回数がかかりますが、そもそもそれほどムダ毛の多い部位ではないので気になりません。
それに嬉しいのが美白効果、そしてお肌のハリを向上させる効果も期待できるところです。フェイシャルの施術で使われるのと同じ波長の光を使った脱毛法では、脱毛しながらお肌もきれいになれると一石二鳥なのです。もちろん、目的が脱毛なので思ったほどの美白効果は期待できないかもしれませんが、ついでにきれいになれるのは女性には嬉しいことでしょう。
ただ、この部分は肌が非常にデリケートなので、施術を受ける場合は信頼のおけるサロンにすることです。安さばかりに気をとられると肌トラブルとなって取り返しのつかないことにもなりかねません。腕のいいスタッフはもちろんですが、自分の体調がすぐれない時に無理して施術を受けるのもやめた方がいいでしょう。体調が悪いときは肌もその分敏感なので、同じく肌トラブルとなる可能性が高いからです。花火02

「レーザー脱毛」「光脱毛」それぞれのメリット

医療機関でのみ許可されていて、受けることができるのが、医療レーザー脱毛でのムダ毛処理です。大きな特徴は、エステではできない、永久性のあるムダ毛処理ができることです。施術を完了させれば、肌はムダ毛がなくなって、ツルツルになります。そのあとは、永久性であるために、ムダ毛は再生しません。

施術で照射をすると、肌にはダメージは与えないで、皮膚の下の毛乳頭など、ムダ毛を生えさせる元を破壊します。破壊してしまえば、ムダ毛は再度生えてくることはなくなります。毛周期は繰り返すので、数回の施術で、完全にムダ毛を無くしていくことが可能となります。

医療機関でのお手入れは、エステサロンのような、長期的なお手入れではありません。一般的に完了するまでには、1年間から1年半くらいのペースで、ツルツルな状態になります。少しでの早く結果を出したい人にとっては、ピッタリな方法です。

エステサロンの場合は、光脱毛になります。光の場合は、照射出力が高くはないため、施術の時にもあまり痛みはありません。施術時の痛みが少ないのは、大きなメリットと言えます。エステサロンでのお手入れは、基本的にリーズナブルである点もメリットです。あまりお金のない、学生からでも通いやすいです。

自宅で簡単にムダ毛ケア!「光美容器」のすすめ

暑くなり、ムダ毛のお手入れに忙しくなる時期が到来してきましたね。

脱毛というとエステサロンや美容クリニックでの施術が一般的だと思われがちですが、家庭用脱毛器でも気軽にエステ気分で脱毛できることをご存知でしょうか。

光美顔器は、いわゆるエステサロンでの脱毛の主流である光脱毛を搭載した美顔器であり、メラニン色素のみ反応して照射し脱毛するスタイルの脱毛方法で、日本人の肌色だとほとんど反応しないので肌ダメージが少ないことが特徴です。

また、自宅で簡単に脱毛できることと、エステサロンや美容クリニックに通うより比較的安価で済むことが最大のメリットで、永久脱毛ではないので定期的なケアが必要ですが、毛が濃く多い人でなければ一回の脱毛でかなりの効果を得られる人もいるようです。

ただ、アフターケアは自己責任できちんと行うことと、全身脱毛しようと思ったらすごく手間がかかることがデメリットですが、機種によっては、ヘッドを変えると美顔器になるタイプもあるので、脱毛以外にも様々な効果が期待できるのが嬉しいところです。

脱毛はしたいけど、エステサロンや美容クリニックだとお金がかかりすぎると考える人にはうってつけの商品ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。