最近の投稿

Archive for 9月, 2015

洗顔後の正しい保湿方法

ニキビの予防や乾燥肌の改善をする際に洗顔をすると思いますが、洗顔をしただけではこれらの症状は改善されません。洗顔後に保湿を行うことによって、肌に水分を与えることができ、健康な肌に戻すことができます。用意をするものは化粧水と乳液、美容液です。まずは、化粧水をたっぷりと肌に浸透させていきます。一度手のひらの上でなじませてから顔につけることによって、手の体温で温められるためより肌に浸透しやすくなります。コットンなどを使うと肌を傷つける可能性があるので、必ず手で行うようにしてください。一度に大量の化粧水を使うというよりも、少量を数回に分けて塗っていく方がよいです。化粧水をしっかりとつけたら、次は乳液を使って水分を閉じ込めていきます。乳液を使わないと、毛穴からずいぶんが蒸発していき、保湿ができなくなってしまうので必ず使ってください。乳液は少量を顔全体に薄く塗る程度で大丈夫です。あまりつけすぎると肌が脂っぽくなってしまうので気をつけて下さい。最後に美容液を顔全体につけて完成です。美容液も少量を顔全体につけてください。肌の温度が高いとより浸透しやすくなるので、洗顔後3分以内に保湿を行うことが重要です。

ニキビケアに適した洗顔料の特徴

ニキビケアに適した洗顔料の特徴としては、すっきりと汚れを落とせることや肌に刺激を必要以上に与えないなどのことがあげられます。
ニキビケアをしたいのであれば、合成界面活性剤が入っていないもののほうが安心です。合成界面活性剤が入っている洗顔料は肌に必要なものまで奪ってしまうからです。ニキビを治していくためには、固くなってしまった古い角質や毛穴に詰まった汚れも落としてくれる、肌に余計なものが残らないスッキリと洗えるものが望ましいです。だからといって必要なものまで奪われは困ります。そのため、合成界面活性剤が含まれていない石鹸がニキビケアに向いています。添加物の少ない石鹸は、スッキリと洗うことができて肌に余計なものが残りません。洗顔は泡で洗うことが大切ですが、泡をしっかり作るのは大変です。その点では泡で出てくる洗顔料も便利なのですが、界面活性剤や発泡剤など、添加物が多いため、肌へ刺激となる可能性も高いです。
石鹸の場合には、合成界面活性剤が含まれていません。また、防腐剤や香料、着色料、アルコールなども含まれていないものを見つけることができます。ニキビケアに使うのであれば、化学的な成分が完全に無添加の石鹸を選んだほうが安心です。

清潔なタオルを使うのがポイント

蒸しタオルを使った美容方法が言われますが、その時に使うタオルに気をつけていますか?特に夏、むしむしと暑い季節には要注意なんです。
ちゃんと洗ったはずなのに、なんとなくにおいがする・・・と言う経験、ありませんか?使った後、しっかり洗って干したのにどうしてでしょうか。実は使った後、ぬれたまま洗濯かごに放り込んで、翌朝洗濯する、と言うサイクルの中で、菌が増殖して起こる現象なのです。また、保管場所に湿気がこもる場合にも発生します。もし、そんな状態で蒸しタオルをしたら。想像するだけでゾッとしてしまいます。
まず、洗濯物を清潔に保つ工夫をしましょう。
使い終わった布物は、かごの中でまとまってしまわないように乾かしましょう。洗う前に干しておくのが一番ですが、そんなスペースがない、と言う場合はバケツなどに洗剤液を作り、漬け置きするのも手です。翌朝の洗濯で、洗剤液ごと他の洗濯物に混ぜて洗ってしまいましょう。
干した後に、風通しの良い場所に保管するのも大切です。せっかく菌の繁殖を防いで洗っても、ここで菌を増やしては元も子もありません。
蒸しタオル、ちょっとにおうかも・・・と感じたら、生活習慣に上記の工夫を取り入れてみて下さい。

洗顔後は冷水で毛穴を引き締めよう!

ニキビの原因は、毛穴につまった皮脂や汚れに雑菌が繁殖し、炎症を起こすことによるものですね。
ということは、皮脂や汚れがたまらないようにすれば、雑菌の餌がなくなるので、ニキビができるのを予防できるということになります。
そのためには、できるだけ汚れが詰まりにくい毛穴にする必要がありますね。
当然ながら、穴が大きければそこに要らないものが入り込む余地が大きいのです。
ですから、入りこむ隙間を小さくしておけば余計なものが入ってくる危険性が少なくなりますね。
そこでお薦めなのが、洗顔後の冷水です。
毛穴は暑いと開き気味になりますし、寒いとキュッと縮まる傾向にあります。
ですから、洗顔後は冷水で顔を冷やし、引き締めておくとよいのです。
引き締まっていないままメイクしてしまうと、ファンデーションやコンシーラーなどがそのまま毛穴に落ち込んでしまい、見た目にも汚いですし、肌トラブルの原因となってしまいます。
ファンデーションなども勿論雑菌の餌になるので、ニキビもできるしシミの原因にもなるのです。
そこで冷水で引き締めた後メイクすると、化粧のノリも持ちも全然違いますし、当然ニキビやシミ予防もできることになります。
毎回するのは面倒ですが、このひと手間で肌質が全然違ってくるのです。

ニキビをなくすための正しい洗顔方法

ニキビをなくすためには正しい洗顔を行う必要があります。大人ニキビの場合は、朝と夜の2回洗います。肌についている余分なものが落ちていないと化粧水や美容液の浸透が悪くなり乾燥しやすくなります。乾燥肌や敏感肌の人は朝はぬるま湯のみで洗います。乾燥肌や敏感肌の人は、肌のバリア機能である皮脂量が少なくなっています。洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまいニキビが悪化することがあります。普通肌、オイリー肌、混合肌の人は、朝も洗顔料を使います。混合肌の人の場合は、テカリが気になる部分だけ使う方法もあります。皮脂が残りすぎていると毛穴に詰まってしまい、ニキビが悪化してしまいます。
夜は、肌質に関係なく洗顔料を使います。メイクをしている場合は、クレンジングでメイクを落としてから、顔を洗います。クレンジングには油分がたくさん入っているため、水で落ちきれていないことがあります。肌に残っているクレンジングやメイクは、毛穴詰まりの原因になったり、ニキビの餌にもなるため、さらにニキビが出来やすくなります。
ただし、ニキビが炎症した場合、洗顔料を使うとヒリヒリすることがあります。その場合は、刺激を与えないようにぬるま湯で優しく洗うようにします。

ニキビ対策の洗顔に必要なもの

ニキビ対策のために最も大切なことが正しい方法で洗顔を行うということです。いくらニキビを予防することが出来る洗顔料や石鹸を使用したとしても、その使用方法が間違っていては意味がありません。
まずは、正しい方法で洗顔を行い、顔の汚れや余分な皮脂を取り除くことが大切です。正しい方法でスキンケアをするためには、必要な物があります。それが、泡立てネットです。これは、ドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも購入することが出来ます。次に、洗顔料です。基本的にはどのようなものでも構いませんが、ニキビ対策用のものであれば、なお良いでしょう。
顔を洗う前には、手を洗うようにしましょう。次に、顔をぬるま湯で洗うようにします。これにより、余分な汚れを落とすことが出来ますし、毛穴を開かせるという役割もあります。熱いお湯ではなく、あくまでもぬるま湯で洗うようにしましょう。
次に、泡立てネットに石鹸を入れ、しっかりと泡立てるようにします。手のひらにのせ、落ちない程度の弾力がある泡になるくらいが目安です。泡がゆるいと汚れを十分に落とすことが出来ません。作った泡を消さないように顔にのせ、円を描くように洗います。なるべく手が顔に触れないように、泡で洗うことを心掛けましょう。
洗った後は、泡が顔に残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

一日にの洗顔回数について

ニキビをなくす、防ぐために欠かせないのが洗顔です。油っぽかったり、埃っぽかったりして一日に何度も洗顔している人がいるかもしれませんが、実はそれはニキビにとって逆効果の可能性が高いのです。
ニキビの原因は毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まって、そこにアクネ菌が繁殖したことです。そこで毛穴が詰まらないように清潔に保つのは極めて重要ですが、だからと言って何回も洗顔すると必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。
皮脂というと毛穴を塞いでニキビの原因となる嫌な奴というイメージかもしれませんが、実は肌を外部刺激から守ったり、乾燥から守ったりするために重要な役割を果たしているのです。そんな皮脂を洗い流してしまっては肌は極めて危険な状態にさらされてしまいます。
ニキビをなくす、防ぐための一日の洗顔回数は多くて朝と夜の2回です。これ以上の洗顔は皮脂を洗い流して肌を危険な状態にしますし、それを防ごうと今度は脳が誤作動してさらに皮脂の分泌を促し、結果的にさらに肌が脂ぎってしまう恐れもあるのです。
運動をして汗をかいた場合は別ですが、そうでないなら気持ちが悪くても、大事な皮脂まで洗い流さないように、朝と夜の2回にとどめておくことです。

自分のニキビはなにが原因?ニキビの種類について知ろう!

最近、女性の肌悩みの上位に挙げられることも多いニキビ、若い頃にできるものとは原因も違うので、同じようなアクネケアで対処していても、良くなるどころかかえって悪化させてしまうことも多く、醜いニキビ跡になってしまわないためにも、正しいケアを行う必要があります。その為にも、自分の肌にできているニキビがどのような段階のものなのか、その対処法はといったことを理解し、できるだけ早く綺麗に治してしまいましょう。ニキビにも種類があり、毛穴が詰まった状態は皆同じですが、もっとも初期段階である白ニキビは、皮脂が毛穴に詰まってしまっているだけなので、この詰まりを取り除いてあげれば綺麗に治ります。しかし指で絞りだしたりすることは跡になる原因なので、皮膚科で処置を受けることをお勧めします。そしてこの白ニキビを放置し先端が酸化すると、黒ニキビになります。この段階までであれば詰まりを出せば大丈夫です。そしてこの状態から徐々に悪化してき、赤ニキビや黄ニキビになってしまうと、毛穴の中で炎症を起こしている状態なので、皮膚科で抗生物質などの内服薬を処方してもらい、飲みながらでないとスキンケアだけでは治りません。この状態でニキビが潰れると、皮膚が陥没したり黒ずみなどの色素沈着になってしまいます。

ニキビができてしまう原因とは?

ニキビの主な原因はアクネ菌の繁殖です。アクネ菌はすべての人間の皮膚に存在しているので、正常な数であれば全然問題はありません。しかし、不規則な生活やストレスなどが原因となって増殖をしてしまうと、ニキビを作り出してしまいます。アクネ菌の特徴は皮脂を好んで酸素を嫌うという点です。皮脂が多くなるとそれにともなって繁殖していきます。そして、酸素を嫌うため、毛穴の奥の方へ入り込んでいってしまいます。さらに、皮脂を洗い流さずに放っておくと、皮脂が毛穴に詰まってしまい、より酸素が当たらないようになってしまい活動が活発になり、繁殖していきます。アクネ菌は皮脂を吸収して分解し、脂肪酸を作り出す働きをします。この脂肪酸が肌を傷つけて、ニキビを生み出す原因になります。また、皮脂を分解した際に同時にポルフィリンという物質を生み出しますが、このポルフィリンは紫外線に触れると活性酸素を作る出す働きがあります。活性酸素が作られるとニキビができた部分にさらなる炎症を引き起こしたり、皮膚の細胞を壊していき、ニキビを生み出すだけでなく、治りにくくしてしまいます。そのため、皮脂をしっかりと洗い流してできるだけ清潔に保つことがニキビ予防において重要なことになります。

顔にできてしまうニキビを治す洗顔法と対策

af9920061111l 顔にニキビが出来た場合には、洗顔法を見直すことです。毛穴が詰まることにより発症しますが、年齢や肌質によって毛穴の詰まる要因は異なります。
大人の場合は、肌質に関係なく夜は洗顔料を使います。メイクを使った日には、クレンジングをしてから洗います。クレンジングにはたくさんの油分が入っているため、水ですすいだだけでは肌に残っていることがあります。落としきれなかったクレンジングやメイクにより毛穴が詰まりさらにニキビを作ることになります。
思春期の場合も朝と夜の2回行います。ただし、洗いすぎは肌を傷めるため、部活動などで汗をかいた以外は2回を守るようにします。汗をかいた後に洗えない場合でもタオルでふくなど、汗を自然に乾かすことは避けます。
10代は皮脂分泌が盛んなため、朝も夜も洗顔料を使ってしっかり洗います。ただし、ニキビが悪化してヒリヒリするようであれば、刺激を与えないためにそのまま洗うようにします。
洗う以外の対策としては、枕カバーやシーツを定期的に交換します。カバーは毎日、シーツは週1回変えることが目安です。毎日枕カバーを変えるのが難しい場合には、タオルをしき、そのタオルを毎日変えるようにします。また、ホルモンバランスを保つために適度な睡眠を心がけることです。af9920061160l